フリーソフトで腕を磨く

autocadは世界中で一番使われているcad(コンピュータ支援設計)ソフトです。autocadが使いこなせれば、それだけでcadオペレーターとして生活していけるでしょう。最近の図面は、簡単なものでも手書きのものはほとんどありません。autocadを勉強する人が増えているのはこの為でしょう。cad操作が出来るということが、当たり前のスキルとなっているのです。

書店で購入した本「autocadlt2000体験版」が手元にありますが、初心者の人はこれについているおまけCDで十分でしょう。このautocadシリーズはおそらく2006、2007、2008と発行されていると思います。また、フリーソフトをダウンロードして勉強するという方法もあります。autocadはマクロなどの機能を有した有料ソフトですが、JWWcadのような軽くて優秀なフリーソフトもたくさんあります。JWWcadならインターネット上にマニュアルや勉強講座などの無料サイトがありますから、独学でcadソフトの基礎を学ぶことも可能です。作成した図面は「dxf変換」でautocadと互換性もありますしね(多少化けることがありますが)。

おすすめサイト:autocadの使い方ANDautocad情報館

「フリーソフトで腕を磨く」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。